ダメケル

三十代ニートの日記

最近の生活

七時くらいに起きます。布団の中でスマホを弄ります。Twitterやネットを適当に見ます。
 
朝食はパンとコーヒーです。食べ終えたら、歯磨き、洗顔、部屋の掃除を済ませます。
 
最近は運動不足解消のためにラジオ体操をやるようになりました。これは大原扁理さんの本をキッカケに始めた習慣です。
 
そのあとは音読をします。ニートは喋らないので日に日に声帯が劣っていきます。いざというときに声が出ないと困るので、文章を声に出して読んでいます。夏目漱石の「それから」を一日一ページずつ音読しています。朝の連続テレビ小説のような感覚でなかなか楽しいです。程よく難しい文章なので頭の体操にもなります。
 
朝のルーティーンはこれくらいです。
 
あとはひたすらネット&読書です。芸人さんのラジオやニコ生主の雑談などを聞きながら、ダラダラとネットサーフィンをしてます。一時期は映画を見ていたのですが、三百作品くらい見た辺りでお腹一杯になった感が出てきました。今ではよほど見たい作品か気分が向いたときくらいしか見ません。
 
昼食を挟み、またネット&読書。十分くらい本を読んでは、三十分くらいネットをするの繰り返しです。集中力がないのです。
 
ニートを始めた頃はネットを巡りながら、理不尽な社会問題に腹を立てたり、抽象的な議論に頭を捻ったりしてたのですが、そんなことを何年も続けてると、所詮は他人事と感じるようになりました。
 
夕食前に飼い犬の散歩をします。いまの生活で僕が心を開いているのはこの子だけです。
 
夜もネット&読書。だいたい23時くらいに寝ます。不眠症に悩まされてた時期もありましたがいまは寝付きは良いほうです。
 
そのうち貯金がなくなれば働かないといけなくなります。
 
怠惰な生活を続けて、身体は相当に鈍っています。体力を付けないといけないので、筋トレやランニングの習慣をつけていきたいなと思います。