ダメケル

三十代ニートの日記

発達障害

f:id:dame_keru:20170817081026j:plain

 もしかしたら自分は発達障害かもしれない、と思ってこの本を読みました。

 
最初にASD自閉症スペクトラムアスペルガーADHD(注意欠如多動性障害)の解説があって、両者の共通点や相違点が挙げられます。次に発達障害の天才的な能力を過去の偉人や芸術家を引き合いに出しながら紹介しています。また、社会の偏見や誤解などにも触れていて、実際の事件報道での扱われ方や犯罪との関係性が記されています。最後に発達障害を社会がどのように受け入れるかを、ディケアや治療過程を通してまとめています。
 
ASDは、「対人関係の障害」「特定の事例に対するこだわり」が症状としてあるそうです。前者はなんとなく心当たりがあるのですが、後者は微妙なところです。几帳面な性格なので多少はこだわりみたいなものはありますが、そこまで強迫的ではありません。まったく気にならないときがありますし、逆にヘタに習慣を増やしたくないと思うほどです。ただ、本当に無意識にやっていることの中に「こだわり・自分ルール」があるのかもしれません。
 
ADHDは、「不注意」「衝動・多動性」が症状としてあるそうです。これも前者は分かるのです。集中力が続かなかったり、詰めが甘いところが度々ありました。けど、「衝動・多動性」は微妙なところです。幼い頃からじっとしていることは苦ではなかったですし、いまでもじっとしていることは案外好きだったりします。あと、整理整頓が出来る方ですし、遅刻も滅多にしません。
 
素人判断ですが、自分は軽度の発達障害かもしれないと思いました。症状がすべて当てはまるわけではありませんが、確実に該当しているものがあるのです。 意識して生活すればなんとかなりそうなレベルではないでしょうか。

 

発達障害 (文春新書)

発達障害 (文春新書)