ダメケル

三十代ニートの日記

東海道昼特急4号

もうけっこう前だけど東京に行ってきた。知り合いの飲み会に参加するため。
 
無職だから迷ったけど、前回紹介したphaさんの本の影響でちょっと遠出しようと思った次第。
ひきこもらない (幻冬舎単行本)

ひきこもらない (幻冬舎単行本)

 

夜に飲み会だったので、昼バスで行くことにした。これまで夜バスは何度か乗ったことあるけど、昼は初めて。JRのバスで三列シート。往復で一万ちょい。

 
京都駅発なんだけど、停留所があって路線バスと同じ感覚で乗り込むのが新鮮だった。たいてい受付する場所と乗る場所が違うので楽で良い。
 
バスは二階建て。僕は上の階の後方窓際に座った。前後の間隔は普通だけど、上下は少し窮屈で、荷物棚が狭い。膨らんだバッグ類はおけないかも(荷物は別で預かってもらえます)カーテンがあって自由に仕切れるのが良い。電源もある。wi-fiもあったけどよく分からないから使わなかった。
 
出発。水曜どうでしょうの「1/6の旅人」を聞くとめちゃくちゃテンションが上がった。何度もリピート。見慣れた景色からだんだんと知らない景色に移っていく。
 
大きな駅以外でも所々に停留所があった。大抵はスルーするけど、たま乗り込んでくる人がいた。
 
パーキングで止まったときに自販機でコーヒーを買って、事前に買ってきた菓子パンで昼食。
 
時間潰しのために本を何冊か持ってきたけど、頭が痛かったのでそんなに読めなかった。ひたすら窓からの風景を眺めていた。ときどきスマホGPS機能を使って、現在位置を確かめて、日本列島を移動しているなぁーと感慨に耽っていた。
 
富士山がバッチリ見えたので良かった。
 
東京に付いたときはさすがにヘロヘロ。飲み会に参加して早めに切り上げネカフェで泊まって、また朝に東京発のバスに乗った。帰りはそんなに疲れなかったよ。ちょっと寝たり出来た。スマホでラジオを聞きながら、また景色を見る。日本は広いよ。
 
夜バスはもう乗りたくないけど、昼バスならまた乗りたいと思った。暇つぶしが色々できるのが良い。でも、往復でバスは時間を食うので、片道だけがいいかもしれない。