ダメケル

三十歳ニートの日記

なにをやっても虚しさがつきまとう。どうせ死ぬのになんでこんなことをやっているんだろうか。なんの意味があるんだろうか。宇宙のレベルから見れば些細のことじゃないだろうか。大変に危険である。

 

鉛が心になったような毎日を送っている。無徒労で無意味。phaさんがすべてに意味がなければ意味があるものを自分で決めればよいみたいなことを本で書いていた。分かるんだけど、そこまで達観できない自分がいる。

 

即物的な快楽に身を任せたほうがいいのかもしれない。昔から抽象的なことを考えるのが好きで、本をたくさん読んであーだこーだと思索を巡らしてきたけど、全然幸せになれなかった。実社会では理屈っぽいやつと嫌がられるだけである。

 

言われたことを疑いもせずやる馬鹿が世の中ではありがたられる。小利口な人間が一番邪魔なのだ。これが利口になれば上手に世渡りできるんだろうが、僕にはそこまでの頭がない。所詮はFラン大出身のアホなのだ。