ダメケル

三十歳ニートの日記

最近の生活

昨日、犬を散歩させていたら女の子に話しかけられた。7〜8歳くらいだと思う。自分も犬と猫を飼っているが世話が面倒くさいと言う。「そうか、そうか」と適当にうなずきながら、これって不審者事案になるんじゃないかとガクブルしていた。別になにもしないけど、世の中どう転ぶかわかんないじゃん。三十路、ニートロリコンなんて三連コンボを決められた日にはたまったもんじゃないよ。

 

女の子はポツリと「学校行きたくないねん」「友達おらんねん」と言った。僕は「へぇ」と返すだけしか出来なかった。知らない人に話しかける度胸とコミニケーション能力はあるのに、子どもの世界ではやっていくのは厳しいらしい。でも、大人になったらそういう力を持っているほうがやっていけると思うんだけどなぁ。ということを上手く説明できたらいいんだけど、できないので犬を撫でていた。

 

いろいろ喋って、女の子は帰っていった。なんだかすごく疲れたが、子ども色々と大変なんだろうなと思った。