ダメケル

三十代ニートの日記

臨時職員

半年間、役所の臨時職員をやっていたことがある。非正規の公務員みたいなものだ。求人はハロワで見つけた。公務員に興味はなかったけど、お役所という仕事は面白そうと思ったので応募した。
 
 

仕事内容

データ入力、アンケート集計、書類作成補助、コピーなど。
 
事務の雑用みたいな感じだ。多少パソコンが使えれば仕事はすぐに覚えられると思う。公務員って変な人が多いというイメージがあったけど、実際はみんな優しい人ばかりだったし、一生懸命で真面目に仕事をしていた。正規の公務員で定時上がりする人はいなかった。まぁ、これは場所によると思うけど。
 

良かった点

自分の時間が確保できる
 
勤務時間は8時半〜17時で土日祝日は休み。残業はなし。最初から有給が三日分ほど貰えた。
 

悪かった点

給料が安い、ヒマ
 
都道府県によって給料は違うが、僕のところは時給800円程度。だいたい月十三万くらい稼げるけど、税金や年金を引かれて、手取りは十一万ほど。もちろん盆正月など連休があるとその分給料は減る。
 
ヒマな時間が多かった。仕事を手伝おうとしても専門的なことは出来ないし、急に用事を振られることがあるので机で待機しておく必要がある。
 
 

まとめ

アフター5の時間は確保できるので、趣味や勉強を充実させることができる。給料は安くていいからのんびり仕事したいという人や公務員試験を受けようと思っている人にオススメだと思う。簡単なパソコン関係の資格なんかあると面接のときにアピールしやすい。MOSなんかが良い。