ダメケル

三十代ニートの日記

本を売るなら

ブックオフで本を売ってきた。10冊で1000円。こんなもんだろう。

 

ワゴンにVHSテープが投げ売りされていた。「スターウォーズ帝国の逆襲」「めまい」「プラトーン」「1941」などなど。たまらない気持ちになったね。

 

昔、レンタルビデオ屋でバイトしていたことがある。そのときはDVDとVHSの転換期を少し過ぎた頃で、新作で入ってくるものは8:2くらいの割合だったと思う。洋画のVHSは吹き替えか字幕を確認しなければいけないのが面倒くさかった。あと、巻き戻して返却をお願いするっていうのもあった。

 

VHSの実物感を久しぶりに味わったよ。くだびれたビニールの感触やプラスチックのザラつき。あの大きさに映画が詰まっていると思うとワクワクした。ワゴンの雑多な感じも良かったね。映画、アニメ、ライブ、エクササイズ……。シリーズの途中から始まったり、韓流俳優のイメージビデオだったり。そこだけ時間が止まっているように思えた。

 

全部100円。ちょっと欲しかったけど、再生する機械がないので眺めるだけにしておいた。それに外で見るから良いんであって、家に置くとたぶん邪魔に感じちゃうだろうし。

 

VHSテープを巻き戻せ!