ダメケル

三十代ニートの日記

夢日記

変な夢を見た。犬と散歩している。他の犬がたくさん寄ってくる。いつの間にか自分の犬が違う犬と変わっていた。辺りを見回すと草むらから飼い犬が飛び出してきて僕に抱きついた。

 

そこから海外で迷子になる。困っていると親切な人が助けてくれて、大きなショッピングセンターのようなところに連れて行ってくれた。そこにはアイスクリームを自分で作れるところがあって、僕はいろいろなトッピングを試した。

 

するとその部屋からテレビ局のスタジオにつながっていた。親切な人はのがみというテレビディレクターであった。僕は騙されたことに怒ったが、番組収録が始まるので仕方なく出演することになる。芸能人たちがたくさんいる中でとくに緊張はしなかった。

 

ここで終わる。変な夢だがとてもクリアだった。大抵起きたら忘れるけど、インパクトが強くていまだに覚えている。