ダメケル

三十代ニートの日記

ほろよい文学

ストロングゼロ文学なるものが話題になっている。僕もちょっと前まではよく飲んでいたので、あのお酒の魔力は身をもって知っている。プライベートブランド発泡酒ストロングゼロのコンビネーションが最高なのだ。

 

しかし、あの人工的な甘さと殺人的な酔いの周り方が重たく感じるようになってきた。翌日の身体の反応もよくない。ということでほろよいを飲んでいる。アルコール度数はストロングゼロの半分以下、色々な味があるのがポイントだ。

 

好きなのは青りんご。この味はお店でもあまりないので、買って飲めるのはありがたい。酸っぱさと甘さのコラボレーションが舌の上で踊る。ぐびぐび飲んでも頭が痛くならない。最高だ。

 

まぁ、最近はお金がないのと、身体の調子が悪いのでお酒を飲むのは辞めている。一旦、飲まなくなるとそんなに欲しくなくなるから不思議だ。