ダメケル

三十代ニートの日記

「まだ結婚できない男」の最終回を見て思ったこと

 前作「結婚できない男」ファンとしては、今回の「まだ結婚できない男」は色々とモヤモヤが残る作品だった。もちろん桑野がもう一度見られるのは嬉しいし、彼の行動にはニヤニヤしてしまうんだけど、あとひと押しなにかが欲しかった。というわけで、個人的にココが足りてないなと思うことを書いていく。

 

・桑野の一人飯シーンがない!

 前作では毎回桑野の一人飯シーンがあった。一人焼肉、一人手巻き寿司、一人チーズフォンデュなどなど。Youtubeには一人飯シーンだけを集めた動画が上がっているほど。ところが、今作ではその飯シーンがほとんどなかった。これはたぶん十年前ならばドラマの中で一人飯が珍しかったのだが、現在はもはや当たり前というか「孤独のグルメ」などの一人飯ドラマがヒットしているので、あえて外したのではないかと思う。

 ただ食事シーンはそのキャラクターの実在感に大きく影響するし、桑野扮する阿部寛が美味いモノを食べたときの「むーん」「うーん」という唸り演技が見れないのは寂しい。

 

・早坂先生は!?

 前作の最大の盛り上がりは、偏屈な桑野が女医の早坂と結ばれるかどうか、だった。最終回でかたくなに他人を家に入れたがらない桑野が早坂を誘う場面で彼が人間的な成長したんだと温かい気持ちになった。しかし、今作では早坂とは別れたという設定になっている。おまけにどうして別れた理由がはっきりと示されない。

 そのため今作の弁護士の吉山やカフェ店長の田中と付き合うことになってもまたダメになるんじゃないかと変に勘ぐってしまうようになる。

 例えば、早坂が医学の勉強のために海外に行くことになって、桑野はそれを引き止めることができず、遠距離恋愛が続かなかったみたいなことがあれば、今作の最後で吉山を引き止めるシーンに深みが出るように思うんだけど(完全に個人の妄想です)

 

 

結婚できない男」の魅力って桑野の日常にある小さいことの積み重ねにあるような気がする。コンビニやレンタルショップ、同業者金田のブログといった小ネタの面白さをベースに桑野と女性との恋愛シーンが成り立っていた。「まだ結婚できない男」は登場人物が増えた分、桑野の日常描写が減ってしまった。おまけに急展開の脚本のせいで恋愛シーンも薄っぺらいモノになったと思う。

 次はないだろうと思うけど、英治がイクメンパパになってその影響で桑野も子煩悩に目覚めるがどう接していいか分からないみたいなお話をちょっと想像してしまった。

 

まだ結婚できない男 DVD-BOX

まだ結婚できない男 DVD-BOX

 

 

一人が好きで悪いか!!

一人が好きで悪いか!!

  • 発売日: 2016/08/15
  • メディア: Prime Video