ダメケル

三十代ニートの日記

大人になっても菓子を食う

 数少ない楽しみ。お菓子。塩っぱいのと甘いのを買う。だいたい100円前後くらいのものを選んでいる。ピザポテトはちょっと高いが、近所のスーパーで安売りしてたのでゲットできた。飲み物は炭酸か缶コーヒー。気分によって変わる。

 

 ピザポテトをガシガシ食いながら、甘いコーヒーをごくごくと飲むと、一瞬だけ嫌なことを忘れられる気がする。しかし、炭酸のほうが良かったかなと思う。コーラとかサイダーのシュワシュワでスナックの塩気や油を流し込むのは最高である。ただ、ピザポテトはけっこう腹に溜まるというか、食い終わったあと腹が張った感じがあって、ちょっと気持ち悪くなった。

 

f:id:dame_keru:20200914083548j:plain

 

 実はこういうことは子どもの頃からあって、僕は菓子をあまり食べられなかった。小さい駄菓子くらいなら大丈夫だが、ポテチ系はダメだった。油が気持ち悪くて一袋は食べられなかった。炭酸も飲み過ぎるとお腹を壊していた。自分が体調を気にしすぎるのはこういう経験があるのかもしれない。

 

 大人になった今ではなんとか普通に食べられるが、やはりカロリーが気になる。お菓子の組み合わせにもよるけど、画像の菓子だとこれだけで500キロカロリーくらいは越えている。こんなの毎日食べてたら確実にデブ一直線だ。

 

カルビー ピザポテト 63g × 12袋

カルビー ピザポテト 63g × 12袋

  • メディア: 食品&飲料