ダメケル

三十代ニートの日記

ニート的Kindle Unlimited活用術

先月、衝動的にKindle Unlimitedに登録してしまった。一ヶ月980円。毎月払うのはしんどいが、数ヶ月に一度くらいなら大丈夫な金額だ。ちなみに 初めての人なら一ヶ月は無料。たまに三ヶ月99円みたいなお得なキャンペーンをやっていたりする(全員が対象になるわけではない)

 

新作で人気の本でも読めたりするし、雑誌類がかなり充実している。雑誌読むだけでも十分に元は取れると思う。マンガはメジャーどころが弱いが、マイナーな古いマンガをディグるのが意外と楽しい。あと、古典類があったりするので、勉強にもなる。光文社古典新訳文庫がありがたい。がっつり読むにはKindleやFireタブレットが使える。スマホでも読めるんだけど、雑誌や大型本系は見づらい。

 

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB - Alexa搭載

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB - Alexa搭載

  • 発売日: 2018/10/04
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

タイトルは固定ではなく、けっこう流動的なので、一通り好みの本を読み尽くしても、期間を置いてまた登録すれば充分に楽しめる。タイトルは毎日更新されているが、月単位でガラリと変わることが多い。だから、一ヶ月だけ使うつもりなら、月の真ん中あたりで登録すると、二ヶ月分のラインナップを読むことができる。

 

新しく追加された本を探すときは注意が必要だ。Kindle Unlimitedのトップページには「今月の新着タイトル」というカテゴリがある。それとは別にもう一つ小さい文字でKindle Unlimitedの全タイトルを閲覧」というのがあって、そこから「ニューリリース」で新しく追加された本を検索することができる。実はこの二つの結果は全然違う。全タイトルからニューリリースのほうが新しく追加された本をチェックすることができる。ただ、このやり方だとなぜかKindle Unlimited対象外の本も一緒に検索結果として表示されたりするので要注意だ。

 

Kindle Unlimitedは10タイトルまでしか登録できないが、欲しい物リストで読みたい本をキープしておくというやり方もある。でも、本がKindle Unlimitedの対象から外れることもあるので、なるべく早めに読んでおくことをオススメする。

 

 

一ヶ月、本や雑誌をダラダラと読んで、解約。数日後、なぜか「はじめてのKindle Unlimitedプラン」で2か月299円というキャンペーンの対象になっていた。結局、また登録してしまった。