ダメケル

三十代ニートの日記

ブラック・ウィドウ

 初日の一番最初の回。平日の午前なのでガラガラであった。 コロナのせいで何度も公開が延期され、ようやく観ることが出来た。

 


www.youtube.com

 

 感想としては、良いところもあるし、悪いところもある。

 

(以下、少々のネタバレを含みます)

 

 オープニングがこれまでのシリーズとは一味違うダークな仕上がりになっていてカッコよかった。アクションは格闘、カーチェイス、空中戦とバリエーションが豊富。殴り合う音が生々しい。新キャラの妹・エレーナのギャルっぽい感じが良かった。敵のタスクマスターがこれまでのスーパーヒーローの動きをコピーしているので、「この動きはキャプテンか!」「あ、ブラックパンサーだ!」みたいなシルエット当てクイズみたいな楽しさがあった。そして、これがMCUに出てくる最後のブラックウィドウなんだと思うと、グっとくるものがあった。

 

 今作はナターシャの贖罪と家族の再生がテーマになっているんだけど、両者が上手く噛み合ってないように見えた。家族パートに描写の比重が置かれているので、敵のレッドルームが印象が薄いように感じた。

 最終的にタスクマスターは開放されるけど、ナターシャに対する恨みはないのだろうか。父親に支配されてたとはいえ、直接的な原因を作ったのはナターシャなはず。それを踏まえて相手を許したのだろうか。ほとんど内面が描写されないので、そのへんのところがまったく見えてこない。とはいえ完全に許したとなるとエンドゲームとの繋がりが悪くなるから致し方ないのかも。

 最近のMCUは敵側の存在感が微妙な気がする。キャラクターが増えて、それぞれの描写に時間を使うと、どうしても敵が後回しになってしまう。 ただ、エンドクレジット後のオマケを見ていると、新しいフェイズではヴィランをどう作っていくかが一つのテーマになっているように思った。