ダメケル

三十代ニートの日記

最近の生活

 ここ数日はちゃんと眠れている。身体が季節に慣れてきたのか、自律神経が安定しているのだろう。睡眠がしっかり取れていると、必要以上にネガティブな感情に引っ張られなくなる。イライラや不安がなくなるわけではないが、だいぶマシにはなる。一年のうちに何度かこういう時期があって、また結局リズムは崩れていくわけだけど、できれば今の状態が長く続いてほしいと思う。

 

 こないだラジオオジサンを見かけた。ラジオオジサンとは、ラジオをスピーカーで流しながら散歩するオジサンのことだ。たまにオバサンもいる。だいたい朝方に出没して、雑音混じりのAM放送を聞いている。クマが出るような森の中を歩くのなら分かるが、普通の住宅街でなぜイヤホンを使わないのかと疑問に思う。たぶん耳が塞がれるのがイヤなんだろうけど。ラジオオジサンは地方特有の現象なのだろうか。都会じゃあんまり見かけない気がする。

 

<最近読んだもの>

 映画化されたので読んでみた。生活保護がテーマになっている。多少は話を膨らませているところもあるだろうが、なかなか気が滅入るお話だった。

 会話文が多く、文章も読みやすいのでスルスルと読み終えた。

 

 タイトルの通りに総理にされた男の話。こちらも読みやすいが、政治についての説明が延々と続くのでちょっとしんどい部分もあった。この作者が書く会話は演説みたいだなと思っていたが、それが上手く収まる小説だった。