ダメケル

三十代ニートの日記

聴覚過敏のニートが防音のイヤーマフを買った話

 調子が悪い時は音に敏感になる。寝るときは耳栓をつけているが、一日中つけるわけにもいかない。

 そこで色々と調べてみると、防音のイヤーマフというモノを発見した。それほど高くないのでAmazonでポチる。

 

○使ってみた感想

 完全な無音にはならない。2〜3割くらい小さくなる感じ。 ラジオの音がそこそ聴こえたので、誰かに話しかけられても気づけると思う。

 難点はメガネだ。ツルの端の部分がイヤーマフで押さえつけられ痛い。微調整するとメガネが浮いて変な感じになる。まあ、これはメガネの種類によるだろうが。

 あと付けるタイミングも悩みどころ。重たい荷物を降ろしたときに身体が軽く感じるように、イヤーマフを外すと聴力が一時的に敏感になる。そのときに不快な音がすると余計にダメージを喰らってしまう。

 

 いまは寝る前にメガネを外し、耳栓をつけて、イヤーマフをしている。この状態だと音は7〜8割はカットされる。静かな環境で本を読んでいると落ち着くのでいい感じだ。眠くなってきたらイヤーマフを外している。

  音は一旦気になると、無意識に追いかけてしまうので、気にしないようにするのが難しい。イヤーマフは完全防音ではないが、気にならないところまでは音を防いでくれる。