ダメケル

三十代ニートの日記

ニートのクリスマス

とくに変わったことはなく、いつも通りの日常であった。最近は寒さのせいでメンタルの調子が悪いんだけど、そういうときにクリスマスソングを聴くと、余計に気分が下がってしまう。

 

狙ったわけじゃないが、クリスマス前から映画「オーメン」シリーズを見ていて、イブは「オーメン3」を見た。

 「オーメン」はそこそこ面白かった。可愛い我が子が悪魔の子なのかという父親の葛藤を軸にショッキングな殺人シーンの連続するので飽きない。絵的にも結構凝った撮り方をしている。ところが、2、3と続くと、あんまり面白くなくなる。結局、キリスト教じゃないとオーメンを不気味に感じないのかもしれない。

 

25日に「ダイハード」を見る。八十年代のハリウッド映画って日系企業がよく出てくるんだよね。いまだと中国企業が出るみたいな感じで、当時の日本は勢いがあったんだと思う。しかし、逆に言えば今はイケイケの中国もいつまでも続かないのかもしれない。あと「ダイハード」撮影時のブルース・ウィリスの年齢を調べたら、自分と同い年だった。なんかショックだ。

 

ダイ・ハード (吹替版)

ダイ・ハード (吹替版)

  • 発売日: 2014/11/17
  • メディア: Prime Video