ダメケル

三十歳ニートの日記

書き足し

昨日の続き。フリーウェディングプランナーの人が「いまの若い子は失敗体験がない。周りの大人が守りすぎて、社会に出たとき挫折しやすい」ということを言ってました。この人と僕同世代なんですが、こういう言葉って自分が若いときに散々言われてました。六十、七十代の人が言うならまだ分かるんですが、とても違和感が残りましたね。

 

若い子は失敗体験がないというより、すべての体験が絶対的に少ないんじゃないかな。だって生きている時間が短いんだから。逆にそれが強みで無謀な挑戦が出来たり、柔軟な発想が生まれる気がします。

 

そもそも若いうちの失敗体験ってなんですかね。学生なら部活、勉強、恋愛がありますが、その辺って大人がサポートしきれなくないような。試合に敗けたり、志望校に入れなかったり、好きな人に振られたりと色々ある気がするんですが。

 

そりゃ戦時中とかに比べたら小さな問題かもしれません。死ぬわけじゃないんですからね。でも、どの世代でもそれなりに悩みや葛藤はあると思いますよ。安易な若者批判って本当に嫌いです。