ダメケル

三十代ニートの日記

最近の生活

所要で京都に行く。久しぶりに四条烏丸を歩いた。街並みにクリスマスの色が入り込み、平日なのに人が多かった。とくにバスはエゲツないくらい人が乗っていた。

 

サラリーマン、OL、学生、観光客、若いカップル、そうした人たちを見ていると自分が惨めになる。彼らは浅瀬を泳ぐカラフルな小魚や泳ぎ続ける回遊魚、僕は深海に潜むキモい形をした魚ともいえない生き物。

 

家に帰って、なんだか疲れた。無性に悲しくなったり、イライラしたり、感情の波が大荒れしている。なんというかいつものパターンだ。勝手に苦しんで、勝手に怒って。この五年間はその繰り返しだった。

 

寒さのせいもあるのだろう。気分が沈みがちになっている。もうしんどい。