ダメケル

三十代ニートの日記

イヤな記憶

新卒で入った会社がブラックだった。職種は小売、まぁまぁ大手。なぜそこを選んだかといえば、そこしか受けてなかったからだ。三回面接をして内定が出た。大量採用していたので、よほどのことがない限りお祈りはなかったと思う。

 

まずおかしいと気づいたのは、新人研修の合宿だ。四泊五日、山奥の施設に連れて行かれる。いきなり怒声が飛び交い、あっこれはヤバイところに来たと直感した。座学、グループワーク、経営理念の暗唱なんかをひたすらやる。その間、行動のすべてが管理され、怒鳴られ続けられる。暴力はないけど、なんでも大声でやらないといけなくて、喉が死んだのを覚えている。一日目の夜にもう辞めようと決心した。

 

研修が続くと、周りの様子が変わってくる。ハイになる奴、泣く奴、密かに反抗心を持つ奴といろいろといた。人間は簡単に洗脳されるんだなぁと感じた。結局、入社して三ヶ月くらいで辞めた。

 

内定が出た時、採用担当に研修のことを質問してもニヤニヤと笑って誤魔化されるだけだった。そりゃこんなことがあるなら隠しとくわな。けど、どうせなら最初に言ってほしかった。このときのことがけっこうトラウマになっていて、他の会社でも同じようなことがあるんじゃないかと思ってしまう。

 

あの研修がいまも続けられているかは知らない。たぶんやっていると思うが、昨今は何かとブラック企業って言葉が話題になっているから、内容は違っているのかもしれない。

 

まぁ、もっと就活を真面目にやっておけば良かったと話なんだけど、当時は働くということにどうしてもイメージを持てなかった。あのときからニートの片鱗は見えていた。