ダメケル

三十代ニートの日記

最近の生活

昨年やったAmazonのAudible体験キャンペーンのポイント3000円分が振り込まれた。日用品とKindle本に使う。試しにAmazonパントリーを使ってみた。まとめ買いにはちょうどいい。

 

酒を飲む習慣が戻ってきた。ストロング系は悪酔いするので、発泡酒のロング缶を飲んでいる。ほどほどに酔えてコスパが良い。正直、ビールと発泡酒の味の違いがよくわからん。

 

30分間の読書はストレス軽減に良いと聞いた。自分はわりと本を読む方だけど、細切れに読んでいる。よほど面白くないと30分フルで読むことはない。ただ意識的に時間を計ると意外とできる。一つのことに集中するのは新鮮だった。ネットだと色々なサイトにアクセスして、楽しいが結果何も残らないことが多い。ちなみにニュースを読むのはストレスになるらしい。

 

色々なニート、無職ブログを読んでいるけど、みなさん他人が読むことを意識して文章を書かれているなと思った。自分は完全に内向きなことや生活メモみたいな感じでしか書いてない。それが読ませる文章になる人もいるが自分には無理だろう。

 

今週観たもの、読んだもの 

リベンジ・マッチ(吹替版)

リベンジ・マッチ(吹替版)

 

一つ一つは豪華な食材でも、まとまるとなんだか美味しくないと感じる映画。

 

インターステラー(吹替版)

インターステラー(吹替版)

 

長いけど飽きることなく楽しめた。

 

年を取ると角張った喋り方になるのかな。なかなか面白かった。埋蔵金が出るかどうかよりも、周りに群がる人が面白い。奇っ怪な理論で埋まっている場所を言い当てる爺やお告げや霊能力で当てる婆がいる。

 

じつは見てません名作の一つ。舞台となる街が良かった。映画が文化の中心だった時代が羨ましい。ただ、良い音楽も繰り返し使われるとくどくなる。

 

スプリット (字幕版)

スプリット (字幕版)

 

精神障害が進化の一つであるという考え方は新鮮だった。シャマラン作品初めてみたけど面白い。

 

しょぼい起業で生きていく

しょぼい起業で生きていく

 

無料公開されているので読んでみた。「生活を資本して、利益を上げる」「店は常にあけておく。人とのつながりをつくる」など、小さく立ち上げて小さく回すやり方が具体的に書かれている。

 

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)

 

 宮崎駿が影響を受けた一冊らしい。凄まじい文章と視点。定期的に読み返したくなる。

職業というものの尊さは、何よりもまず、人と人を結びつけることにある。この世に本当の贅沢は一つしかない。人間の関係という贅沢がそれだ。

 自分は他人を恐怖として感じてしまうことがあるから、贅沢は味わえないだろうな。