ダメケル

三十代ニートの日記

なんとなく

ニートには関係ないが、シルバーウィークが終わった。近所の国道が渋滞していて、どこも人がいっぱいであった。もうコロナ以前に戻ったような感じがある。今は感染者数は減っているけど、数週間後には爆上がりするんだろうな。

 

とあるラジオでコロナの話題になって、これからどうなるかを色々話していた。その中で「とりあえず半年は生き延びたんだから」ということを言っていて、なぜか印象に残った。感染が広がり始めた3月や4月の頃は本当にどうなることやらと不安だったよ。マスクも消毒液もなくて、トイレットペーパーすら品切れだった。SNSじゃ好き勝手言い放題。だけど、そんな非日常も次第に日常に組み込まれ、社会がぐるぐると回っているわけだ。

 

そういえば店の前とかに置いてある無料求人誌のスタンドが減った。それぞれ違う場所で、違う求人誌のスタンドが撤去されていた。コロナの影響だろうか。