ダメケル

三十代ニートの日記

町の変化

この土日、大晦日みたいに夜が静かだった。うちの周りには居酒屋や飲食店、あとパチンコ屋がいくつかあるんだけど、行くことをみんな自粛しているようだ。

 

近所の噂話で、とある店でコロナが出たというのを聞いた。散歩の途中でその店の前を歩いたが、普通に営業していた(客はいなかった)役所の感染者情報と付き合わせところ、おそらくデマだろうと思う。しかし、近くでいつ出てもおかしくないレベルまできてる。

 

マスクの残りがあと5枚。ネットで注文したけど、四月下旬発送予定だ。緊急事態が出てるのでさらに遅れる可能性がある。そういえば近くのドラッグストアでは朝一にマスクを出すのを辞めていた。ここのところ開店の二時間前くらいから列が出来ていたからまあ仕方がないだろう。しかも列に並んでいたのはほとんど年配の人だった。あと、レジで待つときも前後の感覚を開けるようにとの張り紙が貼られていた。

 

日常が変わっていくのを染み染みと実感している。