ダメケル

三十代ニートの日記

最近の生活

朝が肌寒い。薄い布団だと厳しくなってきた。とにかく夏を乗り切れた。

 

ブラック企業で一生懸命働く人を洗脳されていると思っている。でも、僕も何かに洗脳されてるんじゃないかと考えた。例えばインターネット。ツイッターやらまとめサイトばかり見ているので、知らず知らずに染まっている気がする。こう考えるとみんな何かに洗脳されてるのかもしれない。大事なのはそれに自覚的か、無自覚なのだ。

 

お金がなくなりつつある。アフィリエイトがあるので携帯代とか最低限の支払いはなんとかなるけど、それ以外は本当にどうしようもない。働きたくない。

 

最近は必要以上に「自分が駄目」と思わないようにしている。この考えは勝手に脳の中で始まるので、意識して止めないと無限に続いてしまう。

 

シャムさんの動画を飛ばし飛ばし見るんだけど、これだけネットで自分を晒せるのはスゴイと思う。僕は文章ですらどこか気恥ずかしさがあるのにシャムさんは全力ではっちゃけてる。ネタにして遊ばれているのは本当に気の毒だ。シャムさん、運転できるんだよね。スゴイよ。僕はペーパードライバーだもん。

久しぶりの遠出

所用で京都に出かけた。人がたくさんいて、社会だなーと思った。

 

家族ともロクに話してないので、対人能力が相当に落ちていた。なにか喋ろうとすると噛むし、声が震えてしまう。会話だけじゃなくて、電車に並んでいるときも、うまく並べているだろうかとか気にしてしまし、ちょっとしたことで周りから「なんだコイツは?」と思われてないか心配になる。極めつけは階段が降りるのがめっちゃ怖い。踏み外してズッコケはしないかと不安になる。手すりを持つと安心できるんだけど、それでもリズムが狂う感じがある。

 

まぁ、階段が昔から苦手だった。小学校一年のときに階段を一段ずつおりていくのを友達に馬鹿にされた記憶がある。合ってるかは分からないが、発達障害の症状らしい。

 

とにかく、色々と消耗してしまった。疲れた。

 

最近の生活

自己肯定感を上げるには「簡単な目標をクリアしていく」のを毎日繰り返せば良いというのが、ツイッターで流れてきた。紙に目標を書き出して、達成出来たらマルをつけ、出来なければバツと書く。筋トレをしたとか、散歩をしたとか、そんなレベルで良いようだ。朝起きたというのでも大丈夫だそうな。

 

5日前からこれを実践している。何をやるかということより、目標を設定しクリアすることを感覚的に掴むのが大事なように感じた。ちなみに今日の目標はブログを書くこと。

 

一ヶ月前に始めたウォーキング。毎日継続出来ている。朝に2km~2.5kmくらい歩く。特別何か変わったという意識はない。メンタルが安定してきたなと思ったけど、やっぱり死にたくなるし、何もしたくないという衝動が出てくることもある。ただ、歯止めというか、なるべくそういう感情を遠くから見れるコツは掴み始めている。

 

自分がワッとなったときはなるべく引っ張られないようにする。また始まったよくらいで受け流す。まともに向き合っていたら駄目になってしまう。

 

自分はスイッチを切ることが苦手だ。だから疲れやすいんだろう。

最近の生活

台風すごかった。うちは停電や窓が割れるみたいな被害はなかったけど、終始家が揺れていて船酔いみたいな気持ち悪さがあった。人生三十年の中で一番強い台風だったと思う。太い木が根っこから倒れてたし。その後は北海道で地震。怖い。2010年代に入って地震多すぎじゃないだろうか。

 

文章の勉強をしたい。文法とか、情報を伝えるにはどうしたらいいかとか。語彙力もほしい。ただ、文章力って上達が目に見えにくんじゃないかな。それに勉強するとなるとモチベーションが保てなさそう。そもそも自分は「何かを始めたい!」と強烈に思うけど、まったく続かない三日坊主タイプ。こうやって雑にブログを書いている分には良い。でも、本腰を入れるとなるとすぐに飽きるんだろうなと思う。

 

コミュ障という言葉があるけど、世の中には一方的に自分の言いたいことを言って相手の話を聞かないという人たちがいる。僕的にはこういう人たちのほうが厄介なのではないかと思っている。自分はコミニケーションが出来ていると信じ切っているからだ。

 

生活というより考えたことのメモみたいになってきたな。

最近の生活

8月が終わった。夏の暑さにやられているときは、これが一生続くんじゃないかと勘違いするけど、ちゃんと季節は巡っていく。まぁ、9月も暑いだろうけど。

 

ウォーキングは継続中。慣れてきたらランニングに切り替えようかと思っていたが、起きてすぐの激しい運動は身体に良くないらしい。歩くくらいがちょうどいい。30分歩いて、軽く筋トレ。NHKの筋肉体操を見て腕立てをやってみた。フォームを意識して、10回3セット。これだけで腕がパンパンになった。しかも夜には筋肉痛が出てきた。

 

適度な運動でポジティブになれるわけではない。ただ、自分を悲観的に追い詰めなくなった感覚はある。ネガティブな自分をどこか遠いところから見ている自分がいるみたいな感じだ。それでもやっぱり苛々したり、思い出しムカつきはあるんだけどね。

 

○○が面白いって言う奴はセンスを自慢しているという言い方は、そういう奴を馬鹿にできる俺は物事を分かっているということであり、結局はそれも自慢になるんじゃないだろうかと思う。好きなもののアピールは時に鬱陶しいが、それをなんでも斜めから見るようになるのと、自分の好きなものがなくなってしまうのではと思う。自意識過剰の無限ループみたいな。なんだろう、書いていてよく分からなくなった。

最近の生活

嫌な夢を見た。僕は車中泊をしながら広島に向かっている。「この世界の片隅で」のロケ地を巡りたいからだ。駐車場に車を止める。そこには同じように車中泊している車がたくさんあった。警察らしき集団がやってきて職務質問してきた。最初は丁寧に対応していたが、だんだんと彼らの横暴な態度に苛ついてきて、喧嘩になる。ここで目が覚めた。

 

ペーパードライバーで車を持ってないし、「この世界の片隅で」なんて一度見たきりの映画だ。なんで出てきたのかよく分からない。ただ夢の中で不快な気分にさせられることはよくある。どうして寝ている間も自分からストレスを浴びに行ってるのか。

 

今週、ちょっとしたトラブルが発生した。大げさなものではなくて、普通に対応すれば解決できるんだけど、なんだか不安になる。

 

今週観たもの

 

シティーハンター(実写版)
 

子どもの頃に見た記憶があった。見返してみると、こんな酷い映画だっけと思った。アクションもギャグも継ぎ接ぎ感が凄い。でも、なんか最後まで見ちゃったし、バカバカしさに笑ってしまった。

 

オブリビオン(吹替版)
 

色々な要素を盛り込んだSF映画。なかなか面白かった。最後の再会ってでも中身はと思ったけど。あと仮の生活での奥さんが切ない。そしてモーガン

 

 

ヘンゼル&グレーテル (字幕版)
 

世界観が最高。ファンタジーとバイオレンスがいい感じにミックスされていた。

朝30分の散歩を一週間続けてみた

毎朝、30分ほどの散歩を一週間続けてみました。期間としては短いですが、感じたことをまとめます。

 

なんかちょっと調子が良い

 

ネガティブな感情や悲観的な妄想に必要以上に引っ張られなくなりました。心の軸がしっかりと据わった感覚です。とはいえ、性格の根っこがマイナス思考人間なので、劇的に変わったわけではありませんが。

 

朝5時過ぎに起きて、簡単な朝食を済ませて、外に出ます。コースは日替わりです。適当に歩いてたら30分経ってたみたいなゆるさでやってます。

 

これまで筋トレ、ヨガ、ストレッチなど色々な運動をやってきましたが、散歩が手軽で手っ取り早く効果を実感出来てます。気分が乗ったら歩いた後にトレーニングなどします。でも、まだ習慣づけの段階なので「とにかく外に出ること」を目的にしてます。

 

朝の散歩は日光も浴びれるのでお得です。早起きはそんなに苦ではないのでなんとかやれてます。眠たかったら散歩いった後に寝れますし。まぁ、朝やるぞ!というのも気負い過ぎだと思うので、昼でも夜でも外を歩くことが大事なような気がします。

 

次は一ヶ月経ったときの感想を書けたらなと思います。

ゼイタクはステキだ

日常に嫌気が差しても、行く所がない。手っ取り早い刺激は「食事」だ。美味しいものを食べるというのは最も確実な幸せになる方法の一つである。

 

f:id:dame_keru:20180820125643j:plain

というわけで昼にマクドナルドを買ってきた。ハンバーガー、チキンクリスプ、ポテトS、シャカチキ。ドリンクは家にあったコーラ、楽天ポイントを使ったので0円。こういうジャンクなものを食うのは久しぶりだ。美味しいかどうかは分からないけど、ずっしりと腹に溜まった。

 

自分はマクドナルドといえば、ベーシックなものしか頼まない。安上がりだからというのがその理由なんだけど、あんまり冒険をしたくないっていうのもあるかもしれない。

 

f:id:dame_keru:20180820125657j:plain

夜は牛皿大盛り。発泡酒も買って、牛丼ガイジ呑みをやった。牛皿の量が思ったより少なかった。ちょっとつまんで、ご飯にかけて食べた。そういえばオードリー春日は売れない若手時代に牛丼一個を4日くらいに分けて食べていたそうな。

 

シメはアイス。

f:id:dame_keru:20180820125708j:plain


甘くて美味しかった。

 

人の食生活ってなぜか気になる。それもグルメとは縁遠いような人が何を食べているのか知りたい。自分も追体験をしたいからだろうか。妙な安心感を覚えるのだ。

 

なんというか最近、脳みそと口と腹が別々になっているような気がする。美味しいんだけど頭まで響いていかないし、腹減ってるけど口は動いてくれないみたいな。